>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


顎関節症は何科?


顎関節症とは局所的には顎関節の内部の関節円板と呼ばれる軟骨から、下顎の骨の頭が前方にずれている状態です。噛み合わせの不備が最も大きい原因である事は確かですから、一般的な治療としては噛み合わせの調整・スプリントと呼ばれる装置の装着・筋肉のマッサージ等が中心になります。

ですので顎関節症は一般的に口腔外科に分類されます。口腔外科は口の中の病気を専門とする外科です。口腔外科は総合病院や大学病院にしかありません。

また口腔外科は歯科と併用していることが多く、歯科なのか、それとも耳鼻咽喉科や外科や内科のような医科なのか疑問に思うことも多いと思いますが、口腔外科は医科ではなく歯科に属しています。また、顎だけでなく耳や顔に痛みが出るので耳鼻科や整形外科などにかかったとしても、顎関節症の疑いがある場合は口腔外科の受診をすすめてくれるようです。治療をしばらく続けても症状が改善しない、悪化する、といったような場合は、さらに専門医を紹介してもらうのがよいでしょう。

顎関節症以外の他の病気やケガなどで並行して病院にかかる場合は、問題がおきないようにそれぞれの医師に治療の内容を伝える必要があります。例えば虫歯の治療など口を大きく開けての長時間の治療で

症状が悪化する場合がありますし、むち打ち症で頸椎牽引をすると顎関節を痛めることも、また全身麻酔の手術の際の気管へのチューブ挿入や出産など、注意が必要なことがあるからです。顎関節症は様々な原因が考えられるので特定するのは難しいようです。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.