>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


症状について


顎関節症の症状は、顎関節やその周辺の症状と顎関節以外の全身に症状が出る場合に分けられます。まず顎の症状として、

@ 顎が痛む
顎が痛み時には、顎の筋肉(咀嚼筋)の痛みと顎関節の痛みとがあります。口の開け閉め、食べ物を噛むときなど、顎を動かした時に痛むのが特徴。顎の動きに関係なく痛む場合は他の病気の可能性が高い。

A 口が大きく開けられない(開口障害)
正常な人は縦に指三本分入る(40〜50o)が、指が2本程度(30mm)もしくはそれ以下しか入らない。あごを動かすと痛むので無意識に動きを抑えてしまっている場合と、顎関節の異常で口が大きく開けられない場合とがある。いきなり口が開かなくなる場合も、徐々に開きづらくなっていく場合もある。

B 顎を動かすと音が鳴る(関節雑音)
顎を動かしたときに耳の前あたりで「カクッ」音がする。「ジャリジャリ」「ミシミシ」といった音の場合もある。顎関節のクッション材として働いている関節円板というものがあります。この関節円板ずれることで、顎がスムースに開いたり閉じたりしなくなります。

C 噛み合わせに違和感がある
噛み合わせが悪いと顎がずれやすくなるため、顎関節症になりやすくなるなります。また反対に急に噛み合せが変わったように感じるときは顎関節症の疑いがあります。これはどちらも可能性があることです。

D 口を完全に閉じることができない
非常に稀だが、顎の関節内の構造の異常のため上下の歯列の間に隙間ができて、口が完全に閉じられなくなる場合がある。

E 顎のゆがみ、顔のゆがみ
顎関節症の人は大抵顎がゆがんできます。その症状が長く続くと顔自体がゆがんできます。それらを放置しておくと、顎の骨自体がゆがんできて、完治しにくくなります。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.