>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


解剖と機能


顎関節について、ぼんやりとでもどの様な仕組みになっているのかを知っておいて下さい。顎関節は、頭を横からみたときほぼ中央、耳の前の方に位置し、下顎骨の中心点として頭蓋と結びつき、口を開閉するとき「蝶つがい」の役割を果たしています。指で軽く触れながら、口をぱくぱくするとその動きがよく分かります。

顎を動かすには様々な節目が作用します。もちろん、他の動物にも顎関節はあります。解剖学的に詳しく見てみると、顎関節は下顎骨の中心になる楕円形をした下顎頭と、これをおさめる凹形の下顎と、その前方に関節結節があり、これらの表面は軟骨で覆われています。

さらに下顎頭と下顎の間には、板状の繊維性結合組織である関節円板が介在し、関節腔を上下に分けています。この関節円板は上下関節腔に潤滑液をためて、咀嚼等の圧力に対してショックを和らげる役割を果たしています。

この顎関節部全体は、咀嚼に関っている筋肉や血管、結合組織、骨、外耳孔等にとり囲まれています。筋肉には、口を閉じる時に働く筋肉と、口を開ける時に働く筋肉とがあります。

主に咬筋、内側翼突筋、側頭筋は、口を閉じる時に作用し、外側翼突筋、顎二後筋、舌骨上筋群や舌骨下筋群等は、口を開ける時に作用する筋肉です。

この様に口を開いたり閉じたりする筋肉が作用して、私達は顎を動かし、食べ物を噛んで食事をする事ができるのです。ですから、顎を動かす時にはこの顎関節も同時に動いていることになります。ここに故障が起きると、いわゆる顎関節症になるのです。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.