>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


チェックポイントは?


顎関節症になりやすい生活態度をチェック項目にあげてみました。

@、いつも横向きやうつ伏せで眠る
横向きやうつ伏せで寝ると負担がかかり、顎関節が痛むこともあります。

A、頬杖をつく
頬杖をつく習癖があると、顎関節症になる傾向がみられます。

B、眠っている時にはぎしりをする
大切な睡眠中の「歯ぎしり」と顎関節との間には非常に深い関係があります。

C、鼻でなく口で呼吸する

D、いびきをかく

E、下顎を突きだしたり無理に左右に動かす

F、食事のときに奥歯や片側だけで噛む

G、指しゃぶりをする
指しゃぶりが下顎の発育を抑えてしまうことがあります

H、バイオリンを弾く
顎関節に負担がかかり、顎関節症の原因となります

I、耳のまわりが痛む
顎関節は耳もとのところにあり、そこが痛いと顎関節症が疑われます

J、口をあけづらい
顎関節部の疼痛とともに、口を開けたり閉じたりする際にガクッと音がしたり、ゆがんだしして、下顎の運動の軌跡が8の字を描くようなときは、顎関節症が疑われます。

K、口をあけるとき「コキン」と音がする

L、顎関節の人を問診すると頭痛持ちの人が多いのです。

M、かみ合わせは大丈夫
かみ合わせについては、大変重要な問題で、顎関節症をはじめ、体の様々な病気や不快な症状に深く関係しています。

N、何か心配事がある
自律神経系の不安定や不安、あせり、ストレスなどの精神因子も原因として考えれられます。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.