>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


合併症との関係


ストレスや生活習慣の悪さなど様々なことが原因で顎関節症になりますが、逆に顎関節症が原因で様々な症状やトラブルに見舞われてしまうこともあります。顎関節症にはこうした合併症の危険があり、場合によっては普段の生活を普通に送ることすら難しくなるケースがあります。

本来の意味の合併症とは少し違いますが、耳が聞こえづらくなることのある関節雑音なども顎関節症の症状と同時に現れるので合併症と言えなくもありません。この症状が現れた際には顎関節症を患っている可能性が高いと言えますので、病院で検査や治療を受けるようにしましょう。症状が進むと耳が聞こえづらくなるだけでなく聞こえなくなったり、痛みを感じ始める場合もあります。当然ですが耳鼻科へ検査に行けば顎関節症の治療を勧められます。

その他にも、耳の辺りに痛みを感じたり、耳が詰まったような感じがするので、耳鼻科に行ったが、原因が顎関節症にあるので歯科を勧められたということもあります。このようにあご以外にも肩こりのみ、頭痛のみの場合であっても、その痛みが強烈なケースもありますので、注意が必要です。放置したまま症状が酷くなると、日常生活にも支障が出てきますので、原因ははっきりしなくても、複数の症状を感じるようでしたら医師に相談してみましょう。気になる方はスグに医者と相談をしましょう。

また原因が顎関節症であるにも関わらず、痛みの度合いが他の箇所だからといって、その患部だけの治療を行っていても一向に改善することはありませんので、きちんと顎の治療を行いましょう。

また、痛みを鎮痛剤で抑えようという方がいますが、鎮痛剤を服用し過ぎるのは良くありませんので控えた方が良いでしょう。症状が長引くようでしたら、医師の診察を受けるようにしましょう。

・合併症により肩や頭、耳などが痛くなることがある
・人によっては顎ではなく頭痛や肩こりの方が激しい場合がある
・関節雑音を伴う顎関節症の具合が進行すると耳が聞こえづらくなる
・顎や肩、頭、耳など複数個所に痛みを感じる場合がある

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.