>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


頭痛からくる原因


頭痛にはいろいろな種類がります。その中で偏頭痛や緊張型頭痛などは顎のずれと深い関係があるようです。 偏頭痛や緊張型頭痛のほとんどの原因は頭の中ではなく、頭蓋骨の外の血管や筋肉にあります。

顎のずれによる姿勢の不良、、姿勢の不良による筋肉の過度の緊張が血管と神経を圧迫します。このことが脳への血流を不全にし、筋肉を緊張させ神経系に影響して頭痛がおきます。そのため、顎の位置を治すことによって、これらの症状が改善され、頭痛が改善します。

普段、顎の運動が顎関節にかける負担は少なく、その多くは咬合筋(噛む筋肉)や側頭筋(こめかみあたりの筋肉)に伝わります。しかし、歯ぎしりや食いしばりなどによって側頭筋に過度な負担がかかった場合、頭痛が引き起こされてしまいます。側頭筋の痛み、それは顎関節症によって引き起こされた頭痛なのです。そのような疑いがあれば検査してみませんか?

顎の筋肉は頭にも付いてるため顎の状態が頭に影響することがあります。特に締め付けられる様な緊張型頭痛は一般的に両側からじわっと締め付けるような重い痛みです。 長時間不自然な姿勢を続けたり、悪い噛み合わせを続けたりというような場合、また不安などの精神的ストレスによて、頭の筋肉が緊張して起こると考えられています。側頭筋はこめかみについているので、こめかみ付近が痛む場合は顎関節症による頭痛の可能性があります。

偏頭痛は頭の片側に起こることが多く、ずきずきと脈打つ激しい痛みがおきて音や光に敏感になり、吐き気や嘔吐ををとなうこともあります。ストレスなどから開放されたホッと気が緩んで緊張がとけたときに起こります。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.