>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


ストレスが引き起こす


心理的ストレスが咀嚼筋の緊張をもたらし、顎関節症を発症させると言われています。最近は、会社生活、家族関係等身の回りに様々なストレスの原因があり、心と体が蝕まれているのは、事実の様です。

ただ、当然の事ながら、心理的ストレスがあったからといって、全ての人が顎関節症になる訳ではありません。個人の感受性の差もかなり影響します。

ストレスだけが顎関節症の原因でなく、その他の原因(姿勢が悪い、かみ合わせが悪い等)が重なって顎関節症が発症することが多い様です。

顎関節症とストレスの関係は、たとえば心理的なストレスによって噛みしめる筋肉の疲労や緊張が高まり、無意識の食いしばりや歯ぎしりなどの原因と重なることで、顎関節の障害を引き起こすと考えられてきました。新しい職場への異動や人間関係、家庭内のトラブルなどで、じっと耐え歯を食いしばる癖のある人は要注意です。

顎関節症の治療としては、片側噛みの癖の修正やプラスチック製の装具を口に装着して噛み合わせを矯正するなどの方法があります。また、生活習慣を改善するカウンセリングを中心とした精神的な治療も採用されてきています。

ストレスがあると、顎関節症に限らず痛みを伴う病気では、痛みに対する感受性が高まったり、耐えられる程度(許容性)が低くなることで、結果的に痛みが強くなることが知られています。また、ストレスによって口が開きづらくなったり、関節の雑音が起こる可能性がありますが、痛みとの関係ほどはっきり判っていません。

性格的な傾向として顎関節症の患者は、神経質、完璧主義、せっかちという傾向がみられます。この様な性格の傾向の方は、ストレスを感じやすく、不安、緊張から、抑うつ感を抱えてしまいがちです。ストレスを抱えない様に、解消法を探しましょう。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.