>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


理学療法


理学療法の中で最も一般的に行われているのは、温熱療法やマッサージ療法です。電気刺激療法も効果があることがあります。その他、バイオフィードバック療法、レーザー療法、はり治療、イオン導入法等も、効果的なことがあります。

また、姿勢トレーニングや運動訓練療法等もありますが、これはまだ一般的ではないため、これからの研究が待たれます。

あと、顎関節症になるのは猫背の姿勢の子供が多いという事です。この様な子供は腹筋が弱く、腹筋を強くする訓練をすると顎関節の症状まで治っていくそうです。

理学療法の主な目的は、血行促進、筋肉の伸展で、顎にダメージを受けていたり、周囲の組織の回復に効果的です。顎関節症は、筋肉、靭帯、腱そして骨の構造をもっているため、理学療法が有効となします。自分で出来るものとしては、マッサージ、ストレッチなどがあります。

温熱療法とは冷湿布か温湿布で、自宅でできる有効な方法ですが、行うには医師の指導を受けたほうが良いでしょう。氷のパックは通常、ダメージを受けた部位に即座に使用します。これに対し、温かく湿ったパックは、不快感などが長びくような時に使用します。

また、テニスやバレーボール、水泳等のスポーツやトランペット、トロンボーン等の管楽器類を演奏するのは、背筋を緊張させる運動に属するため、背筋の過剰な訓練で姿勢が偏り、このための対策としては腹筋系の訓練か、次に述べる腹筋系の運動に転換するとよいとも言っています。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.