>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


マッサージで治す


マッサージ治療法では、マッサージで頬や顎の筋肉を柔らかく解きほし、顎関節症を改善するという目的で行われる治療方法の一つです。顎関節症のマッサージというのは症状を治すためではなく、痛みを和らげる目的で行うものだと把握しておきましょう。

しかし、ストレスで頬や顎の筋肉に負担がかかるタイプの顎関節症や、頬杖や横向きに寝たりして顎に負担がかかるタイプの顎関節症などの治療には、マッサージ治療はとても大きな効果があるようです。顎関節症の治療のために開発されたという「さとう式リンパマッサージ」(http://www.geocities.jp/ddwts503/tmd.html)をご紹介しましょう。さとう式リンパマッサージでは、リンパマッサージをしっかりと根気よく行う事で、なんと約80%の顎関節症の症状が軽減されるという実績もあるそうです。

また、顎関節症の予備軍でもあるクリッキング(口を開閉すると、顎がカクカクと音を出す症状)は約60%も解消されるのだそうです。このほかにも、お風呂に漬かりながら、顎や頬の筋肉を自分でマッサージするだけでも、顎関節症の治療にはとても効果があります。ストレスなどで頬が緊張しやすい方、歯軋りや食いしばりなどを自分でも自覚がある方などは、毎日のお風呂タイムにマッサージを取り入れてみるのもよいかもしれませんね。

顎関節症のマッサージ治療を行うためには、整体・マッサージなどを行うクリニックを訪れるとよいようです。総合病院のような所では、整体やマッサージを行っている科は少ないようです。自宅の近くにある整体やマッサージの医院へ、リラックスも兼ねて定期的に訪れるのも悪くないかもしれませんね。以下では顎関節症の痛みに効果的なマッサージについてご紹介しましょう。

・痛みがある時に行うと効果的
・顎だけでなく頬の筋肉もマッサージするとより効果的
・マッサージは顎関節症の完治ではなく痛みを和らげることが目的
・ストレスが原因である場合は非常に有効
・顎関節症予備軍の人には予防策となる
・患部が温まっている入浴後に行うと良い
・やり方が分からない時は整体を取り入れているクリニックで行う
・継続して毎日行うことが大切

上記のことからも分かる通り、また顎の異常によって引き起こされる痛みというのは血行が悪いために起こりますので、血行促進に繋がるマッサージは痛みを和らげる効果があるのです。ちなみにリンパマッサージを行うことで顎関節症の症状が大幅に改善される可能性もあります。

そしてお湯で温めたタオルを患部に当ててからマッサージをすると良いですので、体が温まっている入浴後に行うと効果も高くなります。よって毎日継続して行うためにも、入浴後にマッサージをする習慣を身に付けておくことをオススメします。また自分ではやり方が分からないという時は、マッサージを行ってくれるクリニックに行くことをオススメしますが、実施している所はあまり多くありませんので、クリニックへ行く前に受け付けているかの確認をしておきましょう。当然ですが数回行っただけでは効果は期待できませんので、諦めずに毎日行うように心がけましょう。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.