>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


薬物の効果


■ 抗不安薬

精神的な緊張や不安を取り除く。睡眠障害を緩和します。ベンゾジアゼピン系抗不安薬など顎関節症の原因には神経性のもの(ストレス)もあるので、これを緩和するために用いられます。ふらつき、眠気などの副作用が強く、依存性もあるので、取り扱いには注意が必要です。

■ 筋弛緩薬

保存療法で、痛み止めに引き続き代表的な薬です。筋弛緩薬は名前の通り筋肉を弛緩させる薬です。顎関節症の方は、咀嚼筋だけでなく肩や首の筋肉も固まっている方が多く、これらの筋肉を弛緩を緩めようとするのが筋弛緩薬です。

しかし、筋弛緩薬で根本的な症状の治療が行われるわけではないので、あまり高齢者には使われない薬となっています。使用する期間も、短期間のみとなっていて、通常は1ヶ月程度しか使用されません。

■ 非ステロイド系抗炎症薬(痛み止めの薬)

顎関節症の保存療法としては、最も典型的な薬です。痛みで日常生活がままならない時に、痛み止めでそれを抑えるという単純な考えです。

関節内(滑膜)の炎症を抑え、痛みを取る。滑膜とは関節を包む膜の事で、関節の動きを滑らかにする活膜を分泌します。顎の痛みがひどいとき、頭痛や耳の痛みで悩まされているときには、非ステロイド性抗炎症薬などの鎮痛薬が使用されます。これは、関節包炎、滑膜炎、靭帯の炎症、筋肉の炎症を抑えます。

特に痛みのひどいときにはリン酸コデインというもっと強い痛み止めが使われることもあります。痛み止めは根本的な治療ではないので、中程度以上の顎関節症には効果がありません。多くの場合、痛み止めは他の顎関節症の治療のサポート的な治療を位置づけた方が良いでしょう。

■ 睡眠補助剤

顎関節症による噛み合わせの悪さ・痛みのためによく眠れない場合には睡眠補助剤が使用されることもあります。夜間の歯軋りなどで、痛みが誘発される人にはお勧めの薬です。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.