>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


咀嚼運動との関係


口の開閉と並んで私たちの日常生活において、非常に大切な顎関節の仕事、それが「咀嚼」です。咀嚼運動にはそれほど大きな前後の動きは必要ありませんが、替わりに左右の動きが重要となります。ついでなので、そんな咀嚼の仕組みについても見ておきましょう。

ご存知の通り、下顎の骨は1つですが、下顎頭は左右の両端にそれぞれ1つずつ付いています。しかもこの2つの下顎頭は互いに独自の意志で動く事が可能で、例え一方の下顎頭が前に出ても、もう一方の下顎頭は下顎窩におとなしくしている事が出来るため、その性格を上手に使い分ける事によって、顎を左右に揺らす事が出来るのです。食べ物を租借する時の下顎の左右の動きは、この運動によるものです。

私たちはこの運動によって食べ物を咀嚼する動作を作り出しています。もし仮に、右の奥歯で食べ物を噛んでいるとすれば、左の下顎頭が軽く全内方に出ることで下顎を右に少しずらして上下臼歯の間に食物を挟んでいます。そして、食物を挟んだ上下臼歯の噛み合わせの面である「咬合面」の凸凹が互いにピタリと収まる方向に食物を押し潰しているのです。

因みに、食べ物を噛む時に使う筋肉は「咀嚼筋」で、咬筋、側頭筋、外側翼突筋、内側翼突筋があります。さらに、食べ物を食いちぎったり、しっかり捕らえるためには「頸筋」という筋肉を使います。この頸筋には舌骨上筋、舌骨下筋、胸鎖乳突筋などの前頸筋や僧帽筋などの後頸筋が含まれます。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.