>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


仕組みについて


それでは次に、顎関節の仕組みについてみてみましょう。私たち人間にとって、物を食べたり会話をしたりと、顎関節の動きはとても重要なライフラインです。

よく我々の関節の事を”蝶番”と呼びますね。蝶番というのは、2つの物事を繋ぎとめる存在になるもので、開き戸や開き蓋などを支え、自由に開閉出来るように取り付ける金具などを示します。これは形が蝶に似ている場合が多いのに加え、その動きが蝶が羽を開いたり閉じたりするのとそっくりだからだそうです。

ところが、顎関節の場合は、本当の蝶番のように回転運動だけをしている訳ではなく、関節の軸になっている下顎頭が、口を大きく開ける時には前方に移動するという特殊な機能を持っています。そして、軸受けになっている下顎頭から回転して下顎頭がはずれ、前方にずれる事で口が開き、閉じようとすると下顎頭は後ろに移動して下顎窩の中に収まる仕組みとなっているのです。

時々”顎が外れた〜!”と大騒ぎしている人を見かけますが、あれは顎頭が前方に移動したまま元に戻れなくなった状態で、決して本当に顎が外れている訳ではありません。因みに、口の開き具合を上下の前歯の間の距離で表すと、下顎頭が軸受けとなる下顎窩の中に収まったままで回転だけをした時には30o程度しか開かないのに対し、下顎頭が前方に出る事によって45oから55oもひらくようになります。

この時活躍するのが「開口筋」と呼ばれる首の前の筋肉で、顎の下にある舌骨上筋、舌骨下筋、胸鎖乳突筋です。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.