>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


構造について


関節円板は、成形している繊維の密度があまりにも高いため、通常の組織に比べて細胞の数が少なく、神経や血管も殆どないのが特徴です。下顎窩の窪みと下顎頭の間にはさまれるように位置していて、顎が動く際、下顎頭の内と外の連結部分を軸に、

前後に回転する事で、下顎頭の先とともに動き、口の開閉時の圧力を吸収して、顎関節がスムーズに動けるようにする働きを担っています。そのため、末端は下顎頭の内と外にしっかりと連結されていますが、前後の連結力はそれ程強くはありません。

これらの関節組織は、「滑膜」と呼ばれる内張を持つ「関節包」という線維性の膜に取り巻かれています。その内面では滑膜にある「滑膜細胞」が「滑液」という独特の液体を分泌しており、潤滑油として関節の動きを滑らかにするとともに、関節の運動に連れて関節内部に行き渡る事で、血管のない関節円板や骨の表面を覆う表層繊維層に栄養を運んでいます。

さらに、関節包の外側には「外側靭帯」があり、関節の周囲から上下の骨を繋いでいます。「靭帯」は私たちの体の外側の関節には必ずあって、上下の関節が離れてしまうのを防ぐ強いひも状の繊維組織です。当然顎関節にもいくつかの靭帯がある訳ですが、中でも下顎骨の左右それぞれの顎関節の外側に位置し、頭蓋骨と下顎頭のややしたの部分を繋いでいる外側靭帯は、最も重要な靭帯とされています。

以上が顎関節の構造で、私たちはその周囲の沢山の筋肉を使って顎を動かしています。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.