>> 喜びの声が続々!!7日間で改善!自分でできる 【I.E.S顎関節症改善法】


顎関節とは


ではまず、顎関節とその構造について見てみましょう。顎関節は左右の耳の穴の前に一つずつあり、「下顎骨」と呼ばれる下顎の骨の一番後ろの部分に当たる関節です。頭の骨のくぼみに下顎の骨の突き出た部分がはまり込むような造りになっていて、

頭蓋骨の下面にある軸受けを「下顎窩」、上方に突き出ている下顎の骨を「下顎頭」と言います。下顎頭は前方から見ると、ご飯しゃもじを上に向けて上下に少し潰したような形をしており、さらに、軸受けとなっている下顎窩の前方には「関節隆起」という馬の背中に付ける鞍を逆さまにしたような出っ張りがあります。

「側頭骨」と呼ばれる頭の骨の窪みは耳のすぐ前辺りにあるこの下顎窩とその又すぐ前にある関節隆起からなっていて、下顎頭がそれぞれ左右の下顎窩にはまり込む形で出来ているのが我々人間の

顎の基本的構造です。ただし、こうした骨の表面は「表層繊維層」という線維性の膜で覆われているため、手足の関節に見られるような軟骨は露出していません。耳の穴の前に指をあて、口を開け閉めしてみて下さい。最もよく動く部分、そこが「顎関節」です。

そして、下顎窩と下顎頭の間には「関節円板」という膠原繊維であるコラーゲンのビッシリ詰まった組織があり、骨同士が直接こすれ合わないようにクッションの役目をしています。この関節円板は競馬のジョッキーキャップによく似た形をしていると言われていて、骨ではなく、帽子のつばを狭くしたような帯状の繊維集団です。

→→ 国際的権威と認められた市川先生の治療法を見てみる


当サイト人気コンテンツ

★ 診察について
★ 効果的な運動とは
★ 合併症との関係
★ 症状について


 【PR】 >> 転職をお考えの看護師さん必見!「看護師の転職求人.com」はコチラから


Copyright (C) 2007-2009 顎関節症@NAVI All Rights Reserved.
[PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル